So-net無料ブログ作成

腹痛でした [ロードバイク]

昨日は、なぜか家族の中でも私だけが腹痛に。
シメサバがクサイと思うのですが、他の家族も食べているのに・・・
会社を休もうかと思ったけど、、、
自転車出勤にしました。
IMG_0967.jpg

今朝は、昨日の暖かさが嘘のような冷たい北風。
いつもの海沿いコースだと、最後に向かい風になるので、、、
日和ったコースを走ってきました。
それでも、途中で強い北風に翻弄される場面があり、ひゃっとしました。
IMG_0968.jpg

今朝のライドのログはこちら↓

nice!(3)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

平塚-鎌倉ジョグ [ロードランニング]

昨日のお酒が若干残っていたのですが、走り始めるまでにはすっかり抜けてくれました。
そして、今日は平塚から鎌倉までの海沿いルートを仲間とゆくっりジョグの予定。
まずはアップに茅ヶ崎から平塚までを自分なりのハイペースで走りました。
IMG_0930.jpg

この時のログはこちら↓


平塚駅南口で仲間と合流。
今日は、友達の奥さんの友達の女性が飛び入りでした。
IMG_0931.jpg

途中で、海沿いのR134に出る手前で我が家の次男の部活を少し見学してそのままR134を東に向けてGO!
帰宅した次男に聞いたら、その時は私だとは思わなかったようでしたが、ランニングの集団が見にきていたことはわかっていたようでした。

柳島から海沿いの遊歩道に入り、春の日差しを浴びながらのジョグ。
サザンビーチに着くと国道沿いのコンビニで補給。補給になっているかどうか不明です(笑)
IMG_0932.jpg

片瀬西浜から国道を外れ海沿いルートに入りました。
75007568_Unknown.jpg

冬の大気の透明度がなくなってすっかり空気は春らしくなっていました。
75007648_Unknown.jpg

途中、腰越で再度ビール補給(約2名)をしてゴールの極楽寺へ進みます。
極楽寺についても近くでランチを食べるところがなく、歩きで長谷方面へ向かいました。
IMG_0939.jpg

なにやらパンの焼けるいい匂いが・・・
すると食パン専門店が。
IMG_0940.jpg

思わずお土産を買ってきました。
75007664_Unknown.jpg

購入したのはオーソドックスな四角い食パンの1.5斤。
75007664_Unknown.jpg

長谷駅に隣接している食堂でランチというかビール(笑)
IMG_0941.jpg

なんとも楽しい一日でした。
平塚-鎌倉ランのログはこちら↓

nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

用事の前の朝ラン [ロードランニング]

色々とこなさなければならない用事があり、その前にひとっ走り。
コースは、環状4号から鎌倉街道に入り環状3号を経由して大船までの10kmを少し欠けるコース。

いつものことですが、走り出しは体が温まるまではゆっくり。
2kmすぎると鎌倉街道七曲りの登りが始まります。
道路の改修で七曲りというほど曲がっていないのですが、昔の名残ですね。
勾配は大したことはないのですが、そこそこ長いので心肺に負荷をかけるにはちょうどいい登りになっています。

寒波もひと段落してだいぶ暖かくなっていたので、気持ちよく汗を流してきました。
そうはいっても、もう少しペースを上げられないものかなぁ。
多分、気持ちのどこかでブレーキがかかっているんじゃないかと思う。
何かきっかけがないとこのリミッターは外せないかもしれない。
IMG_0912.jpg

今朝のランのログはこちら↓


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

今日で490日連続でした [ロードバイク]

昨日はラン通勤だったので今朝はバイクで出撃。
昨日の暖かさが残って暖かい朝になっているのかなぁ、と思ったけど、強烈な南風が吹き込んで冷え込まなかったようですね。
IMG_0907.jpg

あまりにも強烈な南風だったので、R134の工事区間がちょっと怖かったので大仏方面にエスケープ。
だいぶショーカットになってしまいました。

そうそう一昨年の9月からスタートしたアクティビティ連続記録が今日で490日になりました。
そろそろ、休養を入れたいなぁと思っているのですが・・・・
これを始めた時の願掛けが叶わないとね。

今朝のライドのログはこちら↓


nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

寒いですねー [ロードバイク]

寒波が居座り続けて寒い日が続いています。
今朝もガーミンのデータで気温は~2.7度。
水たまりがあったらやばいよね。
今朝の朝練はいつものコースで今泉台から鎌倉へ抜けか鎌倉山を超えて帰宅。
IMG_0900.jpg

寒い寒いと言っても日中の日差しはかなり力強くなってきました。
もうすぐ節分だしね。
ん、そういえば1月も終わりだ。

コーヒーを淹れて朝食を摂ってランで出勤です。
IMG_0901.jpg

今朝のライドのログはこちら↓

nice!(4)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

疲労のレベルを測るために [ロードランニング]

昨日のジテツウでそれほど疲れが残っていないことはわかっていたのですが、実際に軽いランニングで確かめてきました。
というのは表向きで、本当は手抜きラン(^_^;)
まぁ、寒いしね。
CFNetworkDownload_avNQp9.jpg

走っている時に三日月が綺麗でしたね。
この三日月を見たら自転車で海沿いに行けばよかったかなぁなんて思ったりして。
CFNetworkDownload_EwV8Tb.jpg

実際に走ってみて、、、
左の腿裏に軽い疲労が残っているくらいで、他は問題なさそうでした。

今朝のランのログはこちら↓

nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

フルマラソンの翌日は自転車通勤 [ロードバイク]

日曜日に勝手にフルマラソンで自分的にはそこそこ追い込んだのですが、リカバリータイムはたったの29時間でした(笑)
さすがに今朝はランニングをするコンディションではなかったので自転車通勤にしました。
それにしても寒かったですねー
天気はバリバリ快晴だったのですが、北風が冷たかったですねー
IMG_0886.jpg

現場業務だったのですが、本当に寒かったー
でもですね、帰りは南行きなのでちょー楽ちん。
風に体温を奪われることもなく若干暖かくなる感じでした。
IMG_0887.jpg

今日の帰宅ライドのログはこちら↓

nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

久里浜までのフルマラソンレンジラン [ロードランニング]

このところ、ランでは20km台しか走れていなかったので、久しぶりにフルマラソンレンジを走ってきました。
R134を西に進みサザンビーチで折り返しというコースが最も高低差の少ないコースなのですが、今日は藤沢市民マラソンのため江ノ島付近で規制がかかっているので、とりあえずアップダウンがそれなりにある三浦半島を走りJR久里浜駅までのone-wayコースを走ってきました。

明るくなってからスタートして、鎌倉から小坪を抜け逗子・葉山へ。
森戸海岸近くの真名漁港で写真撮影。
富士山はうっすらでした。
IMG_0875.jpg

港のこんな感じがたまらなく郷愁を誘います。
IMG_0876.jpg

御用邸をすぎると夕日の綺麗な長者ヶ崎。
夕日のタイミングではないのですが(笑)
IMG_0877.jpg

三崎口の河津桜は・・・
もう少しですね。
IMG_0880.jpg

三浦海岸まで来るとコースも終盤。
IMG_0881.jpg

この頃になると飛ばしすぎていたせいか足が残っていない。
しかし、ラッキーにも強烈な追い風でなんとかペースを維持できました。
それでも久里浜駅手間ではかなりヘロヘロになりましたがなんとかゴール。
IMG_0882.jpg

久里浜駅から横須賀線で大船に戻りランチ。
昨日もうどんを食べたのになぜか今日もうどん屋さんを目指して重たい足を引きずりながら歩くも、なんと目的のうどん屋さんは閉店していました・・・
結局いつもの富士山盛りになってしまいまいした。
IMG_0885.jpg

今日のランのログはこちら↓

nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

パートナー様と食事の後にラン [ロードランニング]

このところちょっとオーバーワーク(仕事じゃないよ)気味なので、こんないい天気にもかかわらず午前中は自宅に籠りちょっと書物をしたり、掃除をしたりしてのんびり過ごしました。
お昼前にパートナー様が帰宅してから久しぶりに二人でランチに出かけました。
パートナー様ご同伴なので車で移動です。
目的地は大磯のアガタ。
途中、腰越付近で真っ黄色なライダーが反対車線を走っているなーと思ったら、同じショップのお客さんで自宅も近所の池ちゃんでした。
IMG_0859.jpg

ところどころ渋滞にはまりながら、アガタに到着。
ほんの少しだけ待ってから入店。
今日のオーダーは野菜かき揚げぶっかけうどん。
74220784_Unknown.jpg

天ぷらのサクサク具合、うどんのコシ、毎回美味しいです。
ということで、家庭内PKO任務完了??

午前中うだうだしていたので、帰宅してから軽くラン。
疲労抜きがメインの目的なのでご近所を軽くね。
IMG_0867.jpg

風は強かったけど、どこまでも青い空でした。
IMG_0868.jpg

今日のランのログはこちら↓

nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

豊洲新市場モニタリング結果について [たまにはお仕事のこと]

豊洲新市場モニタリング結果について軽くはないのですがまとめてみました。
誤字脱字はお許しください。また、あくまでも私的な見解ですので、この点もお含みおきください。

豊洲新市場建屋建設前に土壌汚染の措置(掘削除去や化学的分解だと思われる)を実施し、地下水汚染も確認されていることと併せて措置の効果の確認のために地下水モニタリングを行ってきた(まだ続くと思われます)。
第7回までは地下水基準に適合していたが、第8回目で地下水基準不適合が確認された。
この時の濃度のレベルは最大で地下水基準の約2倍程度(砒素が0.019mg/L、ベンゼンが0.014mg/L)であったところが、第9回目でベンゼンが最大で地下水基準の79倍の濃度が検出されました。
余談ですが、マスコミの報道では、地下水環境基準(環境基本法)という言葉使われていますが、この案件において正確には土壌汚染対策法で規定されている地下水基準に適合しているかどうかのモニタリングとなります。ただし、サンプリング方法、分析方法、基準値に関しては同じなので、手続き的にどの法律に基づいているかの違いとなります。

第9回のサンプリングの前の2016年10月に新市場建設と併せて設置された地下水管理システムが稼働し始めたことがそれ以前とは地下水への影響を与える要因として考えられます。
このシステムは、降雨などにより地下水位が上がった場合に揚水井戸から地下水を汲み上げ汚染がある場合には汚染を低減して下水放流するというシステムのようです。常時稼働するシステムではなく、不連続的な稼働により地下水位をあるレベルまで上げないようにするためのシステムと理解していたのですが、稼働状況はよくわかりません。
このシステムの稼働に伴い、地下水の移動が発生します。ちなみに新市場の各街区の廻りは鋼管矢板(円柱状の矢板を組み合わせたもの)を不透水層まで打ち込み、(設計上は)新市場街区と外との地下水の移動は発生しないことになっています。
したがって地下水管理システムが稼働して生じる地下水の移動はあくまでも新市場の各街区内での移動だけとなります。
地下水管理システムについては下のURLを参照してください。
http://www.shijou.metro.tokyo.jp/toyosu/pdf/pdf/gijutsu/siryo/18-3.pdf

モニタリングをするというサイドからの変更点を挙げると、第1回から第3回、第4回から第8回、第9回でそれぞれ調査機関が異なる点です。中央卸売市場からの発注による指名競争入札(指名かどうかは不正確です)により各調査機関が受注しているものです。
受注要件としては、土壌汚染対策法に基づく指定調査機関であることが必要となっているはずで、検体の分析をする調査機関いついて計量法に基づく環境計量証明事業登録をしている調査機関であることが必要となります。
指定調査機関にしても環境計量証明事業登録にしても、国(前者は環境省、後者は経産省)の定めた基準を満足していないと登録できない仕組みとなっていて、これらの登録をしている機関であれば、それ相応の技術力を持っているというのが一般の認識となります(まぁ、裏はいろいろありますが)。
今後、専門家委員会立会いのもと再調査(クロスチェック)が行われ、実態の把握が行われ今後の対応方針が検討されることと思われます。

背景については細かく書くととんでもない量になりそうなので、前提条件を簡潔にまとめると以下の通りになると考えられます。
①第1回から第8回までのモニタリングでは基準不適合はあったものの大きな濃度変動は確認されなかったが、第9回で高濃度のベンゼンが確認された。
②2016年10月から地下水管理システムが本格稼働した。
③モニタリング実施調査機関はこれまで3回変わっている。

①について
私自身も土壌汚染の確認されたサイトの地下水位モニタリングをしていますが、これほどの濃度変動を経験したことはありません(多くの調査機関も同様ではないかと思われます)。
さらに豊洲新市場のサイトではこれでもかというレベルの土壌汚染対策が行われています(詳しくはこちらでhttp://www.shijou.metro.tokyo.jp/toyosu/dojou/taisaku/inquiry/)。
また、土壌汚染対策法の手続きにしても(私の認識している範囲では)しっかり対応していたようです。
しかしながら、すべての土壌汚染を完全に除去することは不可能です。
なぜ不可能かというと、土壌汚染対策法で求められる調査は対象地を10m間隔のメッシュで区切り、汚染の存在する恐れのレベルに応じて30m格子(10mの区画が9個)または10mの単位区画ごとの調査を行います。
豊洲新市場では10mの単位区画ごとの東京ガスの操業地盤面(AP4m付近)での調査(ここ重要)を行なって、基準不適合の土壌汚染が確認された場合には深度方向の調査を行なっています。
しかし、最初に実施した、東京ガスの操業地盤面での調査で基準不適合が確認されなかった場合には、「汚染のない区画」として分類されます(土壌汚染対策法の仕組みですが、簡単には土壌汚染の存在を見逃さないような仕組みにはなっていますのでご安心を。)。
しかし、操業地盤面の撹乱などにより、操業指示盤面に存在していた基準不適合土壌が移動してしまっていた場合には、土壌汚染の存在を見逃してしまう可能性も否定できません。
また、ベンゼンの調査については最初の調査では表層土壌ガス調査(地下水位いが高い場合には地下水調査)により、土壌中にベンゼンの存在の有無を確認するのですが、豊洲新市場の調査では、東京ガスの操業地盤面での土壌溶出量調査と地下水調査を実施してベンゼンによる土壌汚染の存在の有無を確認しています。
土壌汚染の存在を取りこぼすとすると、要因はここにあるのではないかと考えています。
一部で未確認の地下水汚染が残存していて、地下水管理システムの稼働に伴いモニタリング用の観測井戸に移動してきたというのが、このシナリオをとしては最も整合性が取れているのではないかと思います(私の経験と知識の範囲ですが)。
現象面ではこれでいいのかもしれませんが、土壌汚染対策法という法律の限界が露呈してしまったということがさらに大きな問題として浮き彫りになってしまったことも重要な課題であると思われます。

②について
豊洲新市場では、当初から土壌・地下水汚染の存在が明らかになっていたので、地下水をどう管理していくのかという課題がありました。
新市場の三つの街区5街区、6街区、7街区でそれぞれ別々に街区を囲うように鋼管矢板を不透水層まで打ち込み新市場内の地下水が外部へ移動しないように施工されています。簡単にいうと、各街区は水槽の中のような状態になっています。
そのせいで、降雨などにより地下水位が上昇してしまう可能性があり、地下水を一定以下にして管理する必要があります。
陽水井戸から地下水をポンプアップすると当然のことですが地下水の移動が起こります。そのため「①について」で記述した未確認であった地下水汚染がモニタリング用の観測井戸付近に移動して検出された可能性があります。
地下水管理システムでは、地下水位の管理と合わせて排水の浄化システムも組み込まれているので、少なくとも下水放流が可能なレベル(概ね地下水基準の10倍)に汚染を低減してから下水放流されています。
少なくとも、この地下水管理システムが正常に稼働しているのであれば、地下水汚染が存在しても市場施設(生鮮食品を取り扱うという場面で)が地下水と接触することは考えられません。さらに長期的にこのシステムの稼働によって地下水汚染は低減されていくものと予想されます。

③について
この問題が最もナーバスな部分ですね。
環境分野に限らず色々分野で標準化というものが進められています。
ISOが代表的なものです。日本のJISもISOとの互換性を高めています。
環境分野では、環境基本法を頂点(基本かな)として、環境基準が定められ測定や分析の結果が一律に比較できるような体系となっています。そして、これらの調査・分析を実施するには、其れ相応の技術力を有したことを認められた調査機関であることが必要とされます。
サンプルの採取方法、採取したサンプルの管理、分析までのサンプルの前処理、分析方法、分析結果の値の表記方法などかなり細かく規定されています。
これらの規定により、調査・分析結果を一律に環境基準等と比較することが可能となる仕組みです。
これらの規定に沿って、仕事を進めれば、曲がりなりにもオーソライズされた方法で調査・分析が行われたことになり一般には計量証明書という形式で提出されることになります。
豊洲新市場での地下水モニタリング調査では、調査全体をマネージメントするためには土壌汚染対策法で規定されている「指定調査機関」である必要があります。
指定調査機関の認定を受けるには、土壌汚染調査技術管理者(認定試験は毎年行われているのですが、問題が難しいのか受験者のレベルが低いのかはわかりませんが合格率は10%程度となっています。)の設置が義務付けられていて、技術的なレベルが一応は担保されています。
分析については、計量法に基づき「計量証明事業登録」をしている分析機関であることが必要となります。こちらも管理者には環境計量士であることが必要で、管理規定もかなり細くなっています。
これらの条件の中で行われる調査・分析の結果であるので、大きな違いが生じることは考えられないというのが私の感想です。もちろん調査機関・分析機関によって多少のクセがあって調査・分析結果に多少の差が出ることはあります。
従って、第9回目までの結果は、適切に調査・分析をした結果であると思われます。
仮に何らかの圧力で・・・となると、想像を絶する圧力だったんだと思います。

まとめ
ここは簡潔に。
豊洲新市場の地下水モニタリングの結果は、かなりセンセーショナルなものでした。
新市場範囲は正常な土壌で埋め戻しされている、地下水管理システムにより地下水位が上昇しないようになっていて暴露管理がなされている、新市場で地下水を利用するわけではないということを考慮する・・・
安全か安全じゃないかといえば、「安全」。
しかし、安心か安心じゃないかといえば、「安心じゃない」ということになるのではないでしょうか。
不動産市場では、土壌汚染の存在したサイトにはスティグマ(心理的嫌悪感)で市場価格が下落することあるそうですが、豊洲新市場もまさにスティグマに翻弄されている感じがします。
これから先は、政治的な判断になってくるのでしょうね。
ただ、豊洲以上の面積要件、地理的条件を備えた土地は見つからないと思う。

参照URL
豊洲新市場各種調査結果
http://www.shijou.metro.tokyo.jp/toyosu/dojou/taisaku/inquiry/
豊洲新市場モニタリング結果
http://www.shijou.metro.tokyo.jp/toyosu/siryou/monitoring/
環境省の土壌汚染関連情報及び土壌汚染対策法について
http://www.env.go.jp/water/dojo.html
東京都の土壌汚染対策
http://www.kankyo.metro.tokyo.jp/chemical/soil/index.html
豊洲新市場の区域指定について(最新版のはず)
http://www.kankyo.metro.tokyo.jp/chemical/soil/attachement/sei23-86-9.pdf



nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ
メッセージを送る